結婚

格安結婚式でも満足できる|最高の思い出にしよう

心のこもったお祝いの言葉

案内

お祝いの言葉にひと工夫

電報は、結婚式に参加できない人が新郎新婦にお祝いの言葉を届ける手段です。昔の電報は地味な印象ですが、最近は結婚式に華を添えたり思い出に残せる電報がたくさんあります。最近の人気は、キャラクター人形やぬいぐるみと一緒に送れる電報やブリザードフラワーやボトルフラワー付きの電報です。結婚式の後も部屋に飾ることができるので、思い出に残ります。結婚式をより華やかにする、バルーン付きの電報も人気です。赤やピンクで作られたハートのバルーンは、二人の幸せを形にした可愛らしいフォルムで式場に華を添えます。結婚式に参加できなくても、心のこもった電報でお祝いすることで、新郎新婦に心からの祝福の気持ちを伝えることができます。

マナーを守った祝電を

電報を送る時は、結婚式ならではの気を付けるマナーがあります。結婚式でのマナーとして、使用してはいけない言葉があります。「別れる」や「切れる」のような二人の別れを連想させる言葉は縁起が悪いのでマナー違反です。また、再婚を連想させる重ね言葉も避けます。宛名は、新郎新婦の二人に宛てて送ることが一般的ですが、どちらか一人だけでも問題はありません。新婦の宛名は旧姓にする場合が多いですが、事前に確認しておくと安心です。電報を送るタイミングも大切です。結婚式場に日程確認ができたら、余裕を持って手配します。結婚式の中で読まれることを考えて、前日か遅くても二時間から一時間前までには結婚式場に届くように手配します。マナーを守った電報を届けることが大切です。